防犯対策の様々な方法

増えている窓用の防犯に特化した鍵

色々な犯行の手口が増える中、防犯対策も様々な方法を取る必要が出て来ています。侵入経路としても非常によく使われる窓においては、多くの対策方法があります。通常、窓にはカギをするクレセントと呼ばれる部品が存在しています。これにロックを採用している家庭もあれば、そうでない家庭もあります。実は、このクレセントは鍵の110番にて交換や修理を行う事が可能です。最新式のものに取り替えれば、通常とは違う方式でロックが出来たり、鍵穴の存在するものに変えられたりもします。また、違う場所に鍵の代替となるようなものを装着して侵入を防ぐ事も出来ます。窓だけでも多数の防犯アイテムが鍵の110番でも売られていますので、これからも多くの知恵を絞って生み出された商品が開発されて行く事でしょう。

ブザー系の防犯グッズは誤作動に注意

防犯グッズを鍵の110番で買う場合、センサー系の商品に関しては取り扱いに注意が必要です。ある特定の動作をすると大音量がなってしまうため、これを間違えて作動させると近所迷惑になってしまいます。鍵の110番の製品でも長さもさまざまですが、大体20秒〜30秒程音が鳴り続けるので誤作動には注意したい所です。例えば、窓に取り付けるタイプのセンサーで振動によって感知をしている場合、ちょっとした揺れで大きな音を鳴らしてしまう事もあります。地震もそうですし、取り付けていた事を忘れて窓の開閉を行うケースもあります。こうした問題は全て習慣によって解決出来ますので、使用したての頃だけ注意を払っておけば問題ありません。ただ、最初の頃は毎朝窓の防犯アイテムを取り外す・動作を止めるなど、メモを取る等して覚えておくようにしましょう。