ロックスミス型とは

今主張型の鍵屋が人気

以前は鍵屋と言えば靴の修理と一緒のタイプや、金物屋やたばこ屋に合鍵というプレートが掛かっている、鍵の販売と合鍵作成を行うキースミス型が主でした。 現在は急な閉じ込みや鍵の紛失に出向き、鍵に対するトータルなサポートを行ってくれるロックスミス型が増えてきました。 私たちの生活の中で鍵は色々なものについており、主に大切なものを保護する役割を担っています。そのため開錠できなくなると困る場合が多いのです。 そのような事からもロックスミス型鍵屋の需要が高い事が分かって頂けると思います。 しかしロックスミス型鍵屋が人気なのは需要の高さだけではありません。開業にあたり資格が必要ないのです。 もちろん技術は必要ですが、どんなに知識があっても国家資格がなければ腕が振るえないという事がありません。

問われるのはやる気だけ

鍵の事について調べていると錠前技師という言葉にでくわします。しかし先ほども言いましたが国家資格ではないので、厳密にいえば誰でも名乗れてしまうものでもあります。 今ある錠前技師は民間資格で鍵の基本的な開錠方法を教え、最後にその団体が基礎的な事は学びましたという認定資格という形で発行されるものです。なので鍵屋の開業にあたり必要なわけではないのです。 しかし開錠に必要なツールは鍵関係の仕事に従事していなければ購入出来ないと法律で制定されているので注意が必要です。 しかし開業にあたり開錠ツールを自作している方たちも多くいらっしゃいます。このように学歴も資格も必要なく、やる気と技術を身に着ける気持ちがあれば高需要な業種に参入する事が出来るのです。