老朽化への対応

何気なくドアを意識してみる

一言に玄関ドアといって、今日に至るまで様々な進化をとげています。一昔前のドアと言えばどのようなドアを想像するでしょうか、断熱効果が得られない物なのか、アルミの玄関でしょうか、それとも木の枠の玄関でしょうか。その価値観は人それぞれだと思います。寒さが原因で玄関ドアを交換を考える方も多かったと思います。 寒さ対策としては、やはり玄関ドアが大きく関係してきています。入り口なので、どうしても開閉が行われる場所であり、冷気を室内に入れてしまいます。入り口なのでそれは避けては通れませんよね。そこで、玄関ドアそのものに加えられる断熱材なのです。一昔前の物に比べるとその差は歴然です。どうしてもちょっと前の玄関と言えば寒々としたイメージです。しかし、リフォームなどで交換する際に断熱の効果の得られる玄関ドアに交換するとよりよい生活に期待できます。

この先の近い将来の入り口

この先の近い将来のドアというのは、どのようになるでしょうか。少し考えていきたいと思います。歴史とともに進化を遂げて様々なシチュエーションに応じた商品が流通しそれに交換する人も多かったと思います。ある種、画期的な物と言えば、自動ドアでしょうか、あたりまえの物があたりまえにある生活、それになれてしまっているため、特に気にしないかと思います。しかし、歴史をたどり見ていくとそれが物凄いことなのです。進化進化の続けるので、今後は今以上にもっと、凄いものが出てくると思います。その中で断熱という軸はずれないと予測します。そして今よりも価格もリーズナブルになり、夏は通気性を考慮し、冬は熱を最大限逃がさないといった風になっていくのではと思います。